情報・特集

特集

シックハウス症候群

シックハウス症候群とは?

新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がする、などの「シックハウス症候群」が問題になっています。その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレン、その他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。「シックハウス症候群」についてはまだ解明されていない部分もありますが、化合物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると健康に有害な影響が出る恐れがあります。

シックハウス症候群の主な症状

ホルムアルデヒドによる毒性障害/健康影響
  • 目の痛み
  • 喉の痛み
  • 頭痛
  • 臭覚の鈍化
VOCによる毒性障害/健康影響
  • トルエン…疲労、めまい、体力減退、不眠、呼吸器疾患の悪化
  • キシレン…目、鼻、喉を刺激し、バランス感覚を失わせる
  • スチレン…粘膜の炎症、中枢神経抑制作用
  • エチルベンゼン…目や皮膚への刺激、喉、めまい、皮膚の乾燥
  • パラジクロロベンゼン…めまい、頭痛、炎症、発がん性もあり
シックハウス症候群はなぜ起こるのでしょう?
  • 住宅に使用されている建材、家具、日用品などからも様々な化学物質が
    発散するものがあるため注意が必要である。
    • 人により格差があります。
    • 最近では「FO合板」と称してホルムアルデヒドの
      放出量の少ない製品が使用されています。
  • タバコもホルムアルデヒドの発生源です。
    部屋内でタバコを吸った場合、ホルムアルデヒド濃度が0.1mg/m3を超えることがあります。

昔の家は気密性が悪く、すきま風だらけでしたから、そうした家ではたとえ少々の室内空気の汚染があったとしても有害物質は家の外に出ていってしまいました。しかし、今日のように気密性が良くなると、それらが室内にこもってしまい、直接住居者に影響が出ます。
高気密性住宅がもてはやされていますが、その反面でシックハウス対策が不十分であれば、問題が生じる例が多くあります。

シックハウス対策

生活上のチェックポイント(国土交通省資料による)

室内の換気はこんなところに気をつけよう!

  • 24時間換気システムのスイッチは切らずに、常に運転するようにする。
  • 新築やリフォーム当初は、室内の化学物質の発散が多いので、しばらくの間は、換気や通風を十分行うように心がける。
  • 特に夏は化学物質の発散が増えるので室内が著しく高温高湿となる場合(温度28℃、相対湿度50%超が目安)には窓を締め切らないようにする。
  • 窓を開けて換気する場合には複数の窓を開けて、汚染空気を排出するとともに新鮮な空気を室内に導入するように維持管理する。
  • 換気設備はフィルターの清掃など定期的に維持管理する。

化学物質の発生源はこんなところに気をつけよう!

  • 新しい家具やカーテン、じゅうたんにも化学物質を発散するものがあるので注意が必要。
  • 家具や床に塗るワックス類には、化学物質を発散するものがあるので注意が必要。
  • 防虫剤、芳香剤、消臭剤、洗剤なども発生源となることがある。
  • 化粧品、香水、整髪料なども影響することがある。
  • 室内でタバコを吸うことは避けたほうが望ましい。
シックハウス症候群かなと思ったら、まず、
室内の化学物質の濃度を測ってみることをお勧めします。
  • 顔に発疹がでた。
  • 目が開けていられない。
  • 発疹が出て顔が腫れる。
  • アトピー症状が出てひどくなった。
  • 専門病院の医師からホルムアルデヒド等の濃度調査を薦められた方。
  • 鼻の奥が痛い。
  • 涙が出る。
  • 呼吸が苦しい。

測定対象物質

  • 1.ホルムアルデヒド
  • 2.アセルアルデヒド
  • 3.トルエン
  • 4.キシレン
  • 5.エチルベンゼン
  • 6.スチレン

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒド(formaldehyde)は有機化合物のうち、最も簡単なアルデヒドの一つ。分子式はCH2O。
酸化メチレンとも呼ばれ、IUPAC命名法ではメタノール(methanal)と表される。

主な用途
接着剤、塗料、防腐剤などの成分であり、建材に広く用いられている。
しかし、建材から空気中に放出されることがあり、その場合は低濃度でも人体に悪影響を及ぼす、いわゆる「シックハウス症候群」の原因物質の1つとして
知られる。
性質
人体へは、粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、蒸気は呼吸器系、目、喉などの炎症をひきおこす。皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、激しい刺激を受け、炎症を生じる。
●ホルムアルデヒドの害 −発ガン性−
ホルムアルデヒドには、発ガン性の可能性があります。
発ガン性について世界権威である国際ガン研究機構(IARC)は

2A:ヒトに対して発ガンの可能性がある(possibly carcinogenic to humans)

に分類しています。理由は、ヒトでの証拠は限定されているが、動物での証拠は十分にあるからです。ラット吸入暴露実験では鼻内の扁平上皮膚ガンを主とする腫瘍が暴露濃度の上昇について増加しました。日本産業衛生学会も発ガン物質としています。
●ホルムアルデヒドの指針値
30分平均値で0.1mg/m3以下 室温23℃では0.08ppm
●ホルムアルデヒド濃度:指針値0.08ppmとは
健康な成人がその濃度の空気を一生涯にわたって摂取しても有害な影響は受けないであろうと判断される値です。新築やリフォーム後、もし指針値0.08ppmぎりぎりの値(引渡し前)では、入居後に家具や身の回りの生活用品が持込まれ、すぐに指針値をオーバーしてしまいます。そのため、指針値をかなり下回らなければなりません。