情報・特集

情報

消火器規格省令の改正

平成21年大阪市の野外駐車場において、老朽化した消化器が破裂し、子供が重傷を負うという事故が発生した。その後、各地で同様な事故が4件発生した事を踏まえて老朽化消火器安全対策として規格省令が改正となりました。

規格改正
  • 安全性の充実(2011年1月1日施行)
    • 設計標準使用期間(10年)の表示
    • 消火器の区別(加圧式、蓄圧式)表示
    • 業務用消火器への新表示
    • 消火器が適応する火災への絵表示
  • 型式承認失効(2011年1月1日施行)

    旧型式消火器(2010年迄に製造されたもの)は、
    2021年で型式失効し、設置不可能。

    既存消火器は2011年12月31日迄の間に限り効力を有するが2021年迄は特例として設置を認める
型式失効とは?
総務省が現行の水準に適合しなくなった旧型式の消火器を対象に消火器としての型式失効(消火器とは認めない)させること。
点検内容の変更(2011年4月1日施行)
旧型式消火器(2010年迄に製造されたもの)は、製造より10年経過後、
3年毎に耐圧性能点検(水圧検査)を実施する。
既に10年を経過しているものは、3年以内に全数点検を2014年3月末迄に行う。尚、各消防署によっては、1年以内の指導がある。

※耐圧性能点検・・・消火器本体容器及びキャップ部に所定の水圧をかけて、変形、
損傷または漏水等がないこと。

限りある資源を大切に!

消火器水圧試験

当社は10年経過した加圧式及び蓄圧式消火器をできる限り長く、安心して使用していただくよう「安価で安全」な水圧試験を実施しています。

  • 蓄圧式粉末ABC消火器10型
  • 加圧式粉末ABC消火器10型

料金は直接お問い合せ下さい。

お問い合せはこちら -Inquiry-

詳しくはこちら

※現在一般的な消火器のみ水圧試験を実施しており、下記の種類の試験は行っていませんのでご注意下さい。(強化液、二酸化炭素、機械泡、第3種移動式、他)

※当社への持込を原則としていますので現地への収集、運搬及び代替消火器使用料は別途見積致します。

※薬剤、CO2ボンベ、安全ピン等は現状品を使用します。

消火器年度別製品更新シミュレーション

資料提供:宮田工業(株)

ガス系消火設備(容器弁)点検要領の改正について

平成14年6月11日消防用設備等点検要領の全面改正により「設置後10年を経過した貯蔵容器の容器弁は設置後15年までに再検査を行うこと」(消防予第172号)と実施されましたが、実際に点検は行われていないのが現実でした。 このような状況において平成21年3月31日(消防予第132号)による点検要領の一部改正により「設置後15年を経過した貯蔵容器弁は設置後20年迄に点検を行う」となり、未実施については早期の対応が必要となった。

対象の消火設備
  • 不活性ガス消火設備(二酸化炭素)
  • ハロゲン化物消火設備(ハロン1301)
  • 粉末消火設備
  • パッケージ型消火設備
  • 移動式消火設備(アンスルボックス)

対象の容器弁
  • 消化剤貯蔵ボンベ
  • 加圧用ボンベ
  • 起動用ボンベ
  • クリーニング用ボンベ

廃消火器収集運搬、保管業務(広域認定特定窓口)

危険を伴う廃消火器の適正な処理を提供します。

特定窓口の内容と役割

内容・・・廃消火器の収集運搬及び保管

役割
  • ユーザー依頼による廃消火器、付属品の引取り、運搬(一次物流)、保管
  • リサイクルシールの販売 1枚500円
※対象外品目
エアゾール、感知器、受信機、バッテリー、消火ホース、消火弾等は消火器工業会が広域認定を受けていないため取扱いできないので地域の産業廃棄物処理業者に相談下さい。
廃消火器引取り料金(リサイクルシール代込)
  • 当社への持込みの場合:1,500円(消費税込)/本
  • 訪問引取りの場合:2,000税込)/本(遠距離の場合は追加料金)
    ※廃消火器5本以上の場合料金調整させていただきます。