建築物定期調査・検査

いつ発生するかわからない
災害から建築物を
「プロの目で厳しくチェック」

建築物定期調査・検査

平成28年6月1日から改正建築基準法が施工され、
安全上、防火上重要な建築物、防火設備等が
政令により一律に定期調査・検査の対象となります。

●定期調査(建築物)

国および県が定めた防火上・避難上重要な建築物

調査報告時期…3年に1度

●定期検査(建築物に設けられた建築設備・防火設備)

定期調査の対象建築物等に設置された換気設備・排煙設備・非常用照明・防火設備・昇降機・エスカレーター

検査報告時期…1年に1度

スムーススクロール